糖尿病患者は、がんリスクが高い、当然歯周病リスクも高い

糖尿病の患者は大腸がんになる危険性が1.4倍、膵臓がんが1.85倍肝臓がんが1.97倍高いと国立がんセンターの調査発表がありました。

はっきりした原因は、これから調べられるそうですが、糖尿病が増え続けている現状で糖尿病が、いろんな病気の源になっていることがわかります。

歯周病は糖尿病の6番目の合併症で糖尿病の7割以上が、歯周病にかかっていると言われています。アメリカのデータでは、糖尿病患者は2.6倍歯周病になるリスクが高いと言われています。これは、がんのリスクより高い値です。

歯周病で歯が抜けた場合は、インプラントも歯周病になりやすく、加速的に歯がなくなります。糖尿病の方は、歯科検診を早く受けて下さい。お願いします。

imagesCAC9PQKH.jpg