虫歯が進行すると根の中に細菌が侵入し、痛みや腫れることがあります。

そのような歯を抜かないために歯の内部を清掃消毒し、密閉します。

この治療を歯内療法といいます。歯の根は複雑な形態をしていて

細く湾曲し、肉眼では見えません。

そのため歯内療法の成功率は約90%でやり直しの成功率は60-80%まで下がります。

しかし術者の技術や治療方法で成功率が変わってきます。

くわしくは日本歯内療法学会のホームぺージを見て下さい

当院で行っている歯内療法

①ゴムのシート(ラバダム)等を使い根の中が汚染を防ぎ治療をします。

②以前の根の掃除は時間がかかりました。しかし、根の形に添う器具を

使用し特殊なモーターを使用することで治療時間を短縮できるように

なりました。当院では、最新の機械と器具を使用しています。

③根の形が複雑な場合や根の途中に穴が開いている場合は

5倍から30倍の顕微鏡を使用し、根の治療を行います。

根の治療を悪い部分だけを除去したり、穴を修復する場合

外科的な治療も行います。

診断に必要な場合は、CT(断層撮影)を撮影してから治療します。

CTで撮影は近隣の提携病院に紹介させて頂きます。