歯と歯の間から 歯周病は進行する(2012.10.17)

歯周病にならないために毎日、歯ブラシをされていると思います。

歯と歯の間はブラシが当たらず歯垢が残り歯周病が進行すること

が多くあります。歯ブラシだけでは、歯垢は全体の60%しかとれず、

爪楊枝に毛の生えたような清掃道具(歯間ブラシ)を使うと歯垢の

95%とれるという研究があります。また、これを1月半続けると歯

肉の出血や歯周ポケットの減少が、みられるというデータもありま

す。歯間ブラシはメーカーによりサイズや形、硬さが異なります。

おすすめは、スウェーデンのテペの歯間ブラシです。

毛の密度が高いこと、毛の長さが先から根本まで同じで、入れた

時だけでなく抜くときも掃除ができます。また、ふつうの硬さと柔ら

かいものの2種類あり、歯垢だけをとり歯肉を傷つけない工夫が

されています。サイズ選択はスタッフに、相談ください、少し太めが

いいです。