顎関節症・かみ合わせの不具合でお困りの方へ

当院では、顎関節運動デジタル解析装置アキシオグラフで顎関節症やかみ合わせの診断を行っています。

顎関節症とは、口を開けると痛い、口を開けしめすると音がする、口があきにくい状態です。

かみ合わせがしっくりこない場合も、顎関節に問題を抱えていることが多いです。

顎関節に問題がある場合は、提携医院で顎関節のMRIをとり、関節のクッション(関節円板)のずれを

や関節の変形度合いを判断します。(撮影料 約5000円)

次に顎関節の動きをデジタル解析装置で調べます。MRIは静止した状態しか分かりませんが

アキシオグラフを使うと顎関節の動きや ずれをデジタルで診断できます。

そのデータに基づき歯型模型を咬合器に移行すると、生体のアゴの動きが再現できます。

顎関節検査料 約60分   10.000円(消費税別)

後日、データで顎関節とかみ合わせの状況を説明し、治療法を提案させていただきます。

治療法としては、診断に基づいてストレッチ・スプリント(マウスピース)・被せを変える・

歯列矯正治療などを提案します。