歯周病の症例 3 歯周病の外科治療

歯周病の症例 3 歯周病の外科治療

70才の女性です。上の前歯の裏側が腫れを繰り返し歯がぐらぐらしきて心配で来院されました。

歯の根っこに歯石がたくさんついていました。

レントゲンでも、歯の周りの骨が、なくなってきています。

レントゲン

歯ブラシ指導などの歯周病の原因をなくす治療を行った後、歯周病の外科治療を行いました。

歯周病の外科治療

術中、術後痛みは、ほとんどありませんでした。

外科手術後、3ヶ月後です。

外科手術後、3ヶ月後

歯ぐきが引き締まり、腫れもなくなり、歯のぐらつきもなくなりました。レントゲンでも骨が回復傾向です。

 

後は、3ヶ月ごとのクリーニングと検査でOKです。

放置していれば、歯がなくなったと思われます。

下の前歯も歯周外科をしてよくなりました。

歯の根には歯石がいっぱいついていました。

3ヶ月後

3ヶ月後、歯ぐきが引き締まっています。

健康な歯ぐきはピンク色で歯のまわりにぴったり貼りついています。これがゆるんでくると、細菌が侵入してきます。

歯科医院での定期的なチェックが必要です。

 

 

前の記事

矯正治療症例3

次の記事

歯周病の症例 2