歯と歯が接触する時間が、歯を壊す時間です。

上下の歯の接触は、会話や食事、飲み込む時におきます。

1日の歯の接触時間は約20分とされています。

何もしていないときは、上下の歯は接触していません。

背筋を伸ばして頭を真っ直ぐ立てた状態で歯と歯が接触し

ている人は、歯牙接触癖という悪習慣がついています。

この癖のある人は、歯ぎしりのように音がしなくても

夜にも歯を食いしばっていて歯や筋肉に大きな

ストレスをかけています。

詰め物や被せが取れる、歯がすり減る、欠ける、折れる、

歯周病の悪化、顎関節症、肩こりや首の痛みなどいろんな

悪影響があります。

口を開けて見て、頬っぺたの内側に線状のふくらみがあったり、

舌の縁ががたがたになっているのはこの癖の徴候です。

昼間は自分の意識で歯を離すこと、夜は歯を守るための

マウスピースをお勧めします。

下向き姿勢を続けていたり姿勢が悪い場合に、よりなりやすいです。