機能と耐久性を考えた修復治療に対する試み

歯を修復する場合、見た目や材料だけで選んでいませんか。

歯は、生涯にわたって機能する器官です。

歯だけを見るのではなく

かみ合わせの関係、アゴの関節、顔の骨格、筋肉の性質により

最適な修復物の形態や材質が決められるべきです。

そのためには、かみ合わせ、アゴの関節の状態、筋肉の状態の

検査が必要です。

①顔と口腔内写真

②レントゲン( 歯、骨格 )

③オーストリア製アキシオグラフでのがアゴの運動のコンピューター解析

④歯型を取って模型を作製し、模型上でかみ合わせの検討をする

⑤歯やアゴに問題が認められた場合は、断層撮影やMRI検査を連携機関紹介で追加検査します。

以上の検査は、医療保険では適応されませんので検査診断料として5万円(消費税別)かかります。

断層撮影、MRI検査は別途かかります。(医療保険使用で5000円程度)